幸せになる道「失敗が嫌で動けない自分はコレで変われる。」

幸せになる道「失敗が嫌で動けない自分はコレで変われる。」

___________________

無料公式メールマガジンはこちらです。

→ 書道家幸 人生が変わるメールマガジン「生きざま」

___________________

 

 
今日は雨の中、

出張してきました。

 

雨の日って、着物だと

何気に大変なんですよね。

 

足袋(靴下の変わりに履くもの)が濡れると

足元がずっと冷えて寒かったりします。

 

って、別にどうでもいい話を

してしまいましたね。笑

 

さて、あなたは今日、

いかがお過ごしでしたか?

 

自分はカフェで

打ち合わせをしてきましたよ。

 

今後、新たに大規模なイベントで

書道パフォーマンスができるかもしれないので、

とても楽しみにしています。

 

そういえば、今、思い出したんですが、

カフェで隣に座っていた二人組みの男性について

気になったことがありましたよ。

 

彼らは仕事の愚痴を

色々と話していたんですね。

 

ただ聞こえてしまっただけの話なんですが、

あまりにグチグチ言ってるので、

ちょっと心配してしまいました。笑

 

んー、おそらく、

雑誌関係の方々のようでしたね。

 

それぞれに働いている環境が

合わないらしく困っているようでした。

 

どうやら、色んな事情があって、

より良い条件で働くことは

できないようなんですね。

 

んー、私は彼らにとって外部の人間なので

口出しはできないわけなんですが、

色々と思うことはありましたよ。

 

一番に感じたのは、

「心の弱さ」が

生活に反映されるなー。

 

ということです。

 

あ、私は上から目線とかで

こういうことを言いたいわけではありません。

 

ただ、彼らはどこか失敗を

嫌がっていることが気になりました。

 

でも、彼らに限らず、

(何かやりたいことがあっても

失敗が怖くてできない。)

 

と思う人は凄く多いですよね。

 

そして、その後は時間が流れてしまい、

 

結局、あきらめてしまう。

 

という人が世の中に

沢山いるのも現実ですよね。

 

けど、何もしないままで

モヤモヤとした時間を過ごすのなら、

ノリでやってしまう方が良いと私は思います。

 

あ、もちろん、計画性を持って行動するのは、

凄く大切なことじゃないですか。

 

でも、「ノリ」って、

とても大事な感覚だと思うんですよね。

 

話は広がるんですが、人生を変えるには

「決意」が重要であることを

私は多くの方に教育活動をする中で実感しました。

 

ただ、「決意」という言葉を意識すると

それを重く感じてしまう人は多いんですよね。

 

それが影響して何も動けないままというのも、

非常にもったいないと思うんですよ。

 

だから、何か夢を描いたり、

目標を立てたのなら、

それに向けてまず、

言ってしまう。(宣言する)

 

やってしまう。(行動する)

 

って、非常に大切だと思います。

 

もうね。

 

一歩踏み出す瞬間って、

ノリで良いと思いますよ。

 

私も高校教師を辞める時は、

勢いで校長先生に

「辞めます。」

と言ってしまいました。笑

 

まあ、私は辞めた後に貯金が数百円になって

大変なことになりましたけどね。笑

 

って、そうなることが嫌だから

多くの人はノリでは行動しないですよね。

 

けど、何かに挑戦し始めると

応援してくださる方が増える

という奇跡も実は起こるんですよ。

 

私は今では応援いただいている皆様のおかげで

海外でも活動しながら自由な生活を送っています。

 

ところで、ここであなたに少し質問をしますが、

このような気持ちが出てくることはありませんか?

 

・もう少し、良い人生を送りたい。

・自分のやりたいことを実現したい。

・家族に良い思いをさせたい。

・旅行に行きたい。

・親孝行がしたい。

・困っている人を助けたい。

・大切な人を守りたい。

 

あなたがもし、生活にほんの少しでも

不満を感じていることがあるのなら、

今の生き方を変えていくことを

心からお勧めします。

 

というのも、そうしなければ、

同じような人生がずっと続いてしまうからですね。

 

ちなみに、ノリが良い人は

サクサクっと前進できますので、

人生を良い方向にどんどん進めていけるんですね。

 

もちろん、失敗することがあったとしても

ノリの良い人は経験したことを活用して、

さらに次の行動をしていけるんですよ。

 

ただ、こんな風にノリが大事という話を聞いても

具体的にどんな感じで良い方向に進んでいけるのかは

イメージしづらいと思うんですね。

 

やはり、文章だけだと伝わりにくい

ということもあります。

 

そこで、私は近日にイベントを開催するので、

その中でより詳しく話していこうと思ったんですね。

 

実際、私のイベントにご参加された方々から

人生が変わったというご報告が今、

沢山届いているので非常にお勧めな企画です。

 

イベントの詳しい内容は

こちらのご案内をご覧ください。

 

 

→ イベントの詳細なご案内

 

 

イベントのタイトルに

「人生が変わる」

という文言を入れましたが、

それを大げさと感じる人はいると思います。

 

ですが、実際にこちらのイベントに

ご参加された方々から

「人生が変わった」

という嬉しいご報告が

今も沢山届いているんですね。

 

・世界一周旅行に行けた人

 

・うつ状態から大企業に就職し、

好きな仕事をして社会復帰できた人

 

・就職が数ヶ月間決まらなかったが、

2週間後、無事に採用された人

 

・お金の無い状態から個人で仕事ができるようになり、

約3ヶ月後に月収100万円を超えた人

 

・好きなことを仕事にして、

初月に200万円以上の売上を達成した人

 

・特技の歌を生せるようになり、

海外政府関係者のご招待のもと

数千人の前でパフォーマンスできた人

 

・ブラック企業に勤めて精神的に悩み、

朝吐いてしまっていた状態から独立。

月収が800万円を超えた人。

 

例に挙げた皆さんは、

イベントにご参加された後に

このような実績を出されています。

 

もちろん、こういった例を出せば、

色々と思う人がいるかもしれません。

 

ですが、全て事実なんですね。

 

ご参加される方は、

ぜひ楽しみにしてください。

 

なお、イベントにご参加された方には

感謝の気持ちを込めて、

「15の特典」をプレゼントしています。

 

特典の一覧はこちらです。

【15の特典】

【特典1】
「人生が変わる7つのマインドセット(PDF教材)」

【特典2】
「目標を達成するために欠かせない3つの要素 (PDF教材)」

【特典3】
「夢を叶えるために必要なこと「環境編」(PDF教材)」

【特典4】
「夢を叶えるために必要なこと「師匠編」(PDF教材)」

【特典5】
「行動を継続するために必要な10のこと(PDF教材)」

【特典6】
「大きな目標を達成できない人に共通する7つのこと (PDF教材)」

【特典7】
「プレゼンテーション(授業)の極意(PDF教材)」

【特典8】
「人生を変えるオリジナルノートの原稿(PDF教材)」

【特典9】
「人生を変えるオリジナルノートの解説 (PDF教材)」

【特典10】
「2秒で美文字になる極意(動画教材)」

【特典11】
「文を美しく書く極意(動画教材)」

【特典12】
「美文字になるオススメの3つの筆記用具(PDF教材)」

【特典13】
「書作品「今日の一文字」 厳選30点(PDF教材)」

【特典14】
「全国1位を育てた教育者としての心得 (PDF教材)」

【特典15】
「美文字レッスンひらがな全編
ひらがな46字の美文字解説動画(動画教材10本)」

以上が特典の内容です。

 

「15の特典」の詳細はご案内にも

書かれていますので、こちらをご覧ください。

 

→ イベントの詳細なご案内

 

会場でお会いできることを

とても楽しみにしています。

 

それでは、今日も素敵な1日を

お過ごしください。

 

________________________

 

最後に美文字レッスンを行います。

 

引き続き、基礎練習を進めていきましょう。

 

今日は、「よろしく」と書いていきますね。

字がどんどん上達していきますので、
これからも練習を続けていきましょう!

それでは、またメールしますね!

__________________________________

関連記事

  1. 幸せになる道「海外でも好きなことを仕事にするために必要なこと」

  2. 幸せになる道「落ち込まずに夢に向かっていける思考」

  3. 幸せになる道「悩みから自由が始まる」

  4. 幸せになる道「これは凄い!テンションが上がりました!」

  5. 幸せになる道「約束の時間になりましたので、発売を開始します!」

  6. 幸せになる道「わずか1ヶ月で約25万円も収入が増えた20代女性の話」

  7. 幸せになる道「凹む状況から輝いていく思考」

  8. 幸せになる道「なめてるのはどっちだ?」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。