幸せになる道「なぜ書道家の私が人の夢を叶える活動にこだわるのか」

幸せになる道「なぜ書道家の私が人の夢を叶える活動にこだわるのか」

___________________

無料公式メールマガジンはこちらです。

→ 書道家幸 人生が変わるメールマガジン「生きざま」

___________________

 

 
 

昨日は小玉歩さんの勉強会に

参加してきました。

 

小玉さんはインターネットで

最先端のマーケティングを

展開されている方です。

 

ところで、書道家の私が

マーケティングについて勉強しているのを

不思議に感じる人がいるかもしれませんね。

 

でも、どんな分野の職業でも

仕事の進め方を学習することは

非常に大切です。

 

いやー、それにしても

昨日も非常に勉強になることが

沢山ありましたよー!

 

活動をさらに大きくしていく上で

かなり貴重な時間でした。

 

早速、学んだことを行動して、

人の夢を叶える教育活動にも

生かせるように力を高めていきます。

 

ところで、私に対して、

「書道家なら書道だけをすればいいだろ。

なぜマーケティングの勉強をしたり、

人の夢を叶えるようなことをするんだ。」

 

といったような意見を言う人がいるんですね。

 

んー、私はこのような主張に対して、

勉強不足だなと思ってしまいます。

 

って、言葉がきつくてすみません・・・。

 

私がどうして書道だけをしないのか。

 

それは歴史が証明しています。

 

実は書道の歴史上の人物は多くの場合、

「字が上手い」というだけで

認められているわけではないんですね。

 

意外にもそうなんですよ。

 

書道の歴史上の人物の字が

現代までに残る主な理由。

 

それは、

「いかに社会貢献をしているか」

ということです。

 

書道の歴史上の人物って

実は政治に関わっている人が

とても多いんですよ。

 

わかりやすい例として、

坂本龍馬の書があります。

 

彼に対して賛否両論があるとは思いますが、

坂本龍馬の字は歴史に残っていますね。

 

ところが、当時、「字が上手だった」

という特徴だけの人の書は

ほとんど歴史に残っていません。

 

それよりも社会貢献した人物の字が

圧倒的に多く残り、

高い評価を受けているんですね。

 

でも、このような状況になるのは、

冷静に考えてみればそうだなと

納得できると思うんですよ。

 

例えば、貧困や病気で困っている人が

目の前にいたとしますね。

 

その状況を解決することが

とにかく重要じゃないですか。

 

その時に、書道作品を困っている人に渡したとして、

喜ばれることはあっても現状の問題解決には

ほとんどの場合なりません。

 

やはり、困難に対して適切に支援したり、

貢献することが大切ですよね。

 

そうしていくには、自分自身が様々な勉強をして

活動を進めていく必要があります。

 

実は書道の「価値」って書いた本人が

どのような社会貢献をしているのか。

 

その「生きざま」で決まるんです。

 

今、世の中には書道家と

名乗る人が色々といますが、

そのことに気づいて活動している人は

ほとんどいません。

 

でも、これって書道に限らず、

様々な分野にもつながることだと思うんですよ。

 

「本人がどんなことをしたのか」

それによって、

「本人が生み出したモノへの価値」が

大きく変わります。

 

例えば、最近海外で話題になっている

アメリカのヒップホップアーティスト

「チャンス・ザ・ラッパー」

彼はアメリカのビジネス誌「Fortune」で

最も影響力を持つ「40歳以下の40人(40 under 40)」に

選出されているんですね。

 

この企画で選ばれたメンバーの中では最年少、

そして、唯一のミュージシャンです。

 

彼の場合、音源を売らないので

有料販売はしていません。

 

素敵な音楽を無料で提供したことが

評価されている人物です。

 

ただ、彼に関連するグッズなどの商品販売で

大きな利益が出ているんですね。

 

そういった意味で、

実は彼はビジネスの能力も

良い面で評価されています。

 

彼の音楽を売らない「生きざま」が

ファンから評価を受け、

生み出したグッズがよく売れている。

 

モノの価値がつく上で

その人がどう生きているのかって

物凄く大切だと思います。

 

「一般常識にしばられず、

新しいスタイルで生きる」

私も社会貢献をして

世に作品を残せる人になっていきます。

 

時には「自分の生きざま」について考えてみると

視野が広がるのでオススメですね。

 

私はとにかく今は、一人でも多くの人を

元気にできるように活動を進めていきます。

 

さて、最近、嬉しいことに

私は様々な人からご相談を

受けることが多くなりました。

 

このような状況の中、私の誠意としては、

より多くの人にお会いすることだと

考えているんですね。

 

そこで、近日にイベントを

開催することに決めています。

 

非常にオススメのイベントですので

ぜひあなたも必ず一度はお越しください。

 

 

→ イベントの詳細なご案内

 

 

イベントのタイトルに

「人生が変わる」

という文言を入れましたが、

それを大げさと感じる人はいると思います。

 

ですが、実際にこちらのイベントに

ご参加された方々から

「人生が変わった」

という嬉しいご報告が

今も沢山届いているんですね。

 

・世界一周旅行に行けた人

 

・うつ状態から大企業に就職し、

好きな仕事をして社会復帰できた人

 

・就職が数ヶ月間決まらなかったが、

2週間後、無事に採用された人

 

・お金の無い状態から個人で仕事ができるようになり、

約3ヶ月後に月収100万円を超えた人

 

・好きなことを仕事にして、

初月に200万円以上の売上を達成した人

 

・特技の歌を生せるようになり、

海外政府関係者のご招待のもと

数千人の前でパフォーマンスできた人

 

・ブラック企業に勤めて精神的に悩み、

朝吐いてしまっていた状態から独立。

月収が800万円を超えた人。

 

例に挙げた皆さんは、

イベントにご参加された後に

このような実績を出されています。

 

もちろん、こういった例を出せば、

色々と思う人がいるかもしれません。

 

ですが、全て事実なんですね。

 

ご参加される方は、

ぜひ楽しみにしてください。

 

なお、イベントにご参加された方には

感謝の気持ちを込めて、

「15の特典」をプレゼントしています。

 

特典の一覧はこちらです。

【15の特典】

【特典1】
「人生が変わる7つのマインドセット(PDF教材)」

【特典2】
「目標を達成するために欠かせない3つの要素 (PDF教材)」

【特典3】
「夢を叶えるために必要なこと「環境編」(PDF教材)」

【特典4】
「夢を叶えるために必要なこと「師匠編」(PDF教材)」

【特典5】
「行動を継続するために必要な10のこと(PDF教材)」

【特典6】
「大きな目標を達成できない人に共通する7つのこと (PDF教材)」

【特典7】
「プレゼンテーション(授業)の極意(PDF教材)」

【特典8】
「人生を変えるオリジナルノートの原稿(PDF教材)」

【特典9】
「人生を変えるオリジナルノートの解説 (PDF教材)」

【特典10】
「2秒で美文字になる極意(動画教材)」

【特典11】
「文を美しく書く極意(動画教材)」

【特典12】
「美文字になるオススメの3つの筆記用具(PDF教材)」

【特典13】
「書作品「今日の一文字」 厳選30点(PDF教材)」

【特典14】
「全国1位を育てた教育者としての心得 (PDF教材)」

【特典15】
「美文字レッスンひらがな全編
ひらがな46字の美文字解説動画(動画教材10本)」

以上が特典の内容です。

 

「15の特典」の詳細はご案内にも

書かれていますので、こちらをご覧ください。

 

→ イベントの詳細なご案内

 

会場でお会いできることを

とても楽しみにしています。

 

それでは、今日も素敵な1日を

お過ごしください。

 

________________________

 

最後に美文字レッスンを行います。

 

引き続き、基礎練習を進めていきましょう。

 

今日は、「なので」と書いていきますね。

字がどんどん上達していきますので、
これからも練習を続けていきましょう!

それでは、またメールしますね!

__________________________________

関連記事

  1. 幸せになる道「人生を変えるつながり」

  2. 幸せになる道「気づくべき、重要なこと」

  3. 幸せになる道「【事例公開】好きなことを仕事にできると言える理由」

  4. 幸せになる道「海外でも好きなことを仕事にするために必要なこと」

  5. 幸せになる道「わずか1ヶ月で約25万円も収入が増えた20代女性の話」

  6. 幸せになる道「今年、あなたの人生を劇的に変えられるようになる過ごし方に…

  7. 幸せになる道「今、必要なことを学べ」

  8. 幸せになる道「すごくオススメの動画をご紹介します」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。